スポンサードリンク


Sponsored Link

無料ブログはココログ

« バナナダイエットの三つのルール | トップページ

バナナの保存法

バナナは常温保存

袋に入れておくよりも、籠の中に入れておくよりも
吊るしておいた方がいいようです

どうしてかというと、
バナナ自体が、エチレンガスと言うものを放出しているため
物が触れている部分が傷みやすいと言うことです

袋に入れていたら熟するのが早く感じられませんか?
また、リンゴも同様で
リンゴとバナナを一緒に保存すると、バナナが早く熟するそうです


これは豆知識
ジャガイモとリンゴを一緒にすると、ジャガイモの発芽が遅くなり
保存に適している
これはエチレンガスによって、発芽が抑制されるそうです

最後に

バナナの皮で「食べられる」を判断しないでくださいね^^

皮が黒くなっていても、中は大丈夫な場合が結構あります

バナナの種類によっては、皮は真っ黒でも

中味は真っ白で全く痛んでいないこともあります

« バナナダイエットの三つのルール | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナの保存法:

« バナナダイエットの三つのルール | トップページ